仏壇 通販

昔は家庭の中には必ず仏間があって仏壇が安置されていましたが、核家族化が進んだ現代社会ではそうした家庭は逆に珍しくなってきています。しかし家族が突然に亡くなった場合などには、やはり仏壇を個別に買い求める必要が生じるため、できるだけ安価に購入できる手段を考えなければなりません。この場合、近くにある仏具店などに出向いて店頭で直接購入するよりも、インターネット上に開設されている専門のホームページを経由して購入したほうが安価で良いものが手に入るケースがあります。こうした通販での購入の場合にも押さえておきたいのは、さまざまな種類がある中での価格の相場水準です。勝手がわからずに高い製品を購入してしまってからではキャンセルができないこともあるため、事前の下調べも大切です。

種類によって大幅に違いがある価格帯

店舗で購入する場合も同様ですが、通販の場合にもさまざまな種類を取り扱っているため、カタログを見ると高価な製品から安価な製品までが並んでいます。仏壇の種類は宗派によっても指定される場合があるほか、家庭の中の置き場所のスペースの広さや位置関係からの検討も必要です。一般には浄土真宗などで主に用いられる漆塗りで内部を金箔で仕上げたものは最も高く100万円以上の出費になる可能性があります。しかしこれは通販としては例外的で、紫檀などの品質の良い木材を使った床置きタイプの製品で70万円から50万円程度です。材質は同様でも家具の上などに置くことを想定した上置きタイプは30万円から20万円程度に価格帯が下がります。ほかにも予算が気になる場合にはさらに安価な製品も見られます。

価格を重視したミニタイプもある

通常の店舗ではなかなか展示されているケースは稀ですが、通販の場合には安価な価格設定が魅力のため、限定メニューとして格安の製品を取り扱っている場合があります。特にミニタイプと一般には呼ばれている仏壇の場合には、最低価格で3万円程度から10万円程度の価格帯でも販売されている製品が存在します。材質としては安価な輸入木材を利用しているケースがほとんどですが、表面は塗装されているため特別な違和感はありません。このようなコンセプトの製品の中には、モダンタイプとして一般的なタンスや本棚などの家具と見分けるのが困難な外見をしているものがあります。モダンタイプは一般家庭のリビングその他の洋間にもマッチするデザインをイメージした製品のため、価格が手ごろな上に使いやすいことが人気となっています。